人気ブログランキング |

燃える男の道2


ラブニカのギルド点数表その2

今回は青。
ディミーアとイゼットの色で、ドローやバウンス、フライヤー。
テンポとアドの両面に優れ、脱水系疑似除去なんかで相手を抑え込んで仕留めるなんてこともできます。
諜報と再活の噛み合わせと関連カードがそろえば意外にパワープレイも出来る、かも。
では見ていきましょう。



・コモン
d0384949_18513874.png

9点
《脱水》の上位互換、というのも憚られる強さ。
瞬速のおかげで隙が少なく、ついた途端にタップするので警戒持ちにも作用する。
タップをコストに持つシステム生物にも有用と素晴らしいの一言。シンボルも軽くていうことないな。

d0384949_1851433.png

6点
基本的にはパワーしか下げないカードは微妙なんだが諜報2が1マナで買えるなら悪くはないかもな。

d0384949_18514732.png

5,5点
追放はいいが4マナダブシンは構えるには重い。
墓地再利用も能動的に使えないってのがきつい。


d0384949_18515232.png

7,5点
序盤の壁としては優秀なサイズに諜報2は素敵。時間を稼ぎつつボムへの道を近付けるってのはいいな。

d0384949_18515752.png

7点
ナイス再録。4マナ以上ってのはリミテだと怖いカードばかり。
召集持ちやX呪文を含むでかい呪文を狙い撃ちにできるのだか有用と言わざるを得ない。
完全に腐ることもないし、いいんじゃないかな。2マナで構えやすいってのもいい。

d0384949_1852247.png

7,5点
継続的に飛べるかは置いといて攻めっ気のあるサイズとかみ合った能力が素敵。
再活と組み合わせて延々殴れるって展開も無きにしも非ずよ。最悪4マナ域相手に睨み合いしてもいい。

d0384949_1852859.png

7,5点
コモンでサイズ修正と飛行を2回。飛ばすやつ次第だがかなり危険。買いかぶりかもしれないがこういうテンポカードは結構やばいって。

d0384949_1852123.png

6,5点
サイズは絶望的だがドローと飛行は悪くない。がそこまでだな。

d0384949_1852176.png

9点
再序盤の壁が務まるサイズに攻撃を無理くり通せる起動型能力が魅力的。というか3マナは重いがこんなん許したらゲームにならんって。

d0384949_18522225.png

7点
《熟慮》より軽い代わりに手札が増えないドロー、という趣。
捨てれることが強みになる可能性もなくはないし、というのは欺瞞的だが、悪くないドロー。

d0384949_18522762.png

7,5点
除去避け、CIP再利用、相手を戻してテンポ獲得など、バウンスはやっぱいいな。
諜報1もないよりいい。

d0384949_18523298.png

7点
相手の守りが貧弱なら、一気に攻めあがれるいやらしい2マナ生物。というのは条件が狭いんだが、それでも悪くはない2マナ。通例こういう誘発型能力は1/1で2マナとかいう貧弱なボディだがこいつは2/1と悪くないんじゃないの。

d0384949_18523732.png

7点
コモン2マナ壁なら及第点。パワーがないので相手はお構いなしに殴ってくるがコンバットリックでもなければ序盤はそうそう越えられない硬さ。すぐさま航空戦力を用意して上から攻めよう。

d0384949_18524171.png

7,5点
パワーは小さいが諜報で後続を助けられる《大気の精霊》。しかもコモン。ええやんか。

d0384949_18524679.png

7点
防御よりながらいいマナレシオ。相当超えにくいぜこいつは。


・アンコモン
d0384949_1853452.png

8点
《霊感》が2ドローのある意味での指標であり、こいつはそれを超えるものである。
強い。

d0384949_18531056.png

8,5点
サイズは優秀。死んでも諜報で無駄にならない作りは流石のアンコモン。

d0384949_18531474.png

7点
名前の通り諜報を強化。最低でも3枚見て埋められるようになるのは悪くない。ボムがライブラリーに眠っているのなら速やかに探せるし墓地を肥やしたいなら一気に肥やせる。設置の軽さも魅力だな。

d0384949_18531950.png

6,5点
先置きでもあと置きでもドローが狙えるってのがいい。でもコモンとはいえ何枚引けるっていうのか。それが疑問だ。基本土地の枠からも出る可能性があるんだっけ?とはいえだな。

d0384949_18532475.png

9点
火力で落とされにくく、出てくるトークンも強い。流石に強い。

d0384949_18532962.png

7,5点
継続的に諜報を行うっていうのがすでに強いな。サイズはパワーは控えめだが、まぁ悪くはない。

d0384949_18533493.png

8点
相手が染めていれば強力だが、うっとおしいトークンを一掃したり、本当にやばいのをピンで戻したり、融通性は高い。

d0384949_18533874.png

6,5点
《取り消し》系は構えにくさが個人的に気になる。が、まぁ悪くはないんだろうけど、これアンコモンなんだよなぁ。アンコの《取り消し》がそもそもうれしくない。なんぼ諜報あっても。

d0384949_18534466.png

7,5点
守る分にはそれなりにパワーがあっていやらしく、インスタント諜報でアタッカーを挫くこともできる。そしてカウンター3つから殴りに行けるというのもいい。カウンターは諜報由来でなくても攻撃に行けるんで、乗せる手段があれば早期にこのサイズを享受できる。いいな。でも単騎ではちと大きい1マナ生物を超えるものではないからな。

・レア
d0384949_1854643.png

8点
これが神話?となる気持ちはわかるけど瞬速飛行にキックなしロイルがついて諜報4で後続も安心と強いには強い。しかし地味な印象はぬぐいにくいか。いやでもほんとに強いんだって。

d0384949_18541284.png

7点
いきなり単体で研磨カードが出てきてびっくりしたわ。青い呪文唱える度2枚はリミテだと結構えげつないペース。再活もあるし相手が諜報してくる可能性もあるしな。はまれば強いがレアでこれが出て、青薄いプールだと真剣に泣きが入るレベル。

d0384949_18541636.png

7点
諜報の代わりに2/1のボディを失った瞬唱。と書くとひどく見えるがそれは瞬唱がやばいだけでこれでも除去使いまわしたりドロー重ねたりとできることは多い。

d0384949_18542199.png

6,5点
諜報でいきなり戦場に出てくることはあるが所詮は1/1飛行。再録に喜ぶことはあってもそこまでの威圧感はない。強化元がどうとかいうレベルにはないんだ、レアのフライヤーってのは。

d0384949_18542688.png

7,5点
単体ではちょっと大きい人間。真価は手札の呪文踏み倒しで、相方次第、かつ相方の性能をかなり要求する単体で完結していないレベルの高い厳しいレア生物。しかしフレイバーは音やんに出てきた糞坊主レベルだな。

d0384949_18543192.png

8,5点
自軍生物限定だがコピーしてその時点最強を追加、再活で更に倍と盤面に与える影響力は大きい。いいじゃないか。

青はこんなところ。ボムカードは若干少ない印象だが、テンポカードは相変わらず優秀。
by moeruotoko122 | 2018-09-21 17:45 | MTG点数表 | Comments(0)

<< ラブニカのギルド点数表その3      ラブニカのギルド点数表その1 >>
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
灯争大戦点数表その7
at 2019-04-24 20:18
灯争大戦点数表その6
at 2019-04-24 20:15
灯争大戦点数表その5
at 2019-04-23 21:30
灯争大戦点数表その4
at 2019-04-23 21:29
灯争大戦点数表その3
at 2019-04-23 21:27
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧