人気ブログランキング |

燃える男の道2


ラブニカのギルド点数表その3

今回は黒。ギルドはディミーアとゴルガリで墓地関連の要素が強め。
除去と自傷の色で、生物はマナレシオは劣るものの接死や威迫のようなやらしい能力を持っていることもしばしば。
レアのボム枠が強力なことも多いですが、今回はどうでしょうか。
では見ていきましょう。



・コモン
d0384949_18554732.png

6,5点
最序盤の壁としては使えるし、諜報での序盤の補助はありがたい。
軽さも魅力ではあるが、やはりパワー0は悪くない止まり。

d0384949_18555298.png

7,5点
タフは細いが4マナパワー3飛行は悪くない。

d0384949_18555766.png

7点
相手は被覆だろうが捨てられるネズミ。いいじゃないか。
損しにくい序盤生物はいいぜ。中盤以降でもハンデスで腐らないしな。

d0384949_185623.png

7点
こういう相打ちオッケーな生物はいい。うまく殴れるなら絆魂パワー2は危険極まりないしな。

d0384949_1856740.png

8,5点
即死が狙えなくても残り続け悪さをするいやらしい除去。素晴らしい再録。

d0384949_18561335.png

8点
5マナは重いが色も状況も選ばずに1体取れて後続も確認できるのは悪くはない。

d0384949_18561841.png

7点
シンプルなバニラ。
緑以外なら結構サイズだけなら負けない芯の強さを感じる。

d0384949_18562319.png

8点
真剣にいやらしい生物。火力なんかには弱いがこれに撃たれたらドンマイと言わざるを得ないし、そうでないなら先制持ち以外とはきっちり相打ちを取るバント職人みたいな生物。渋い。

d0384949_18562847.png

8点
小型生物、トークンなんかを一掃して諜報。いいんじゃないかな。

d0384949_18563337.png

8点
上手くすればフィニッシュに絡めるし、墓地が薄くても最低限のサイズに威迫付与でダメージは進む。

d0384949_18563849.png

7,5点
前方確認には重いが、多少遅くにプレイしても相手の虎の子を狙える上、追放で再利用も困難にするハンデス。土地が抜けないのはご愛敬。

d0384949_18564362.png

8点
対価は重いがその重い対価はトークンで賄える。
ゲインも非常時はケツデカ生物で多めに得ることで延命も視野に入れられる。まぁ2マナと軽いし、宿根との相性的に悪くはない。というか2マナ汎用除去って結構いいな。インスタントでない点を覗けば。

d0384949_18564893.png

7,5点
マナレシオは普通で、死んでもカウンターで後続を強化。
普通よりちょっと強いって程度だが、それでも悪くはないな。

d0384949_18565355.png

7点
効率は良くないが標準的レシオを持つシェイド。
プレイした次のターンには土地置いて4/4になるアピールしながらずうずうしく2点を通して後続を呼ぼう。

d0384949_18565896.png

6,5点
当たりはとっ散らかってはいるがハンデスで一応損はしない構造。
まぁでも怪しい効果だな。


・アンコモン
d0384949_18571461.png

7点
吸魂の亜種のような呪文にして諜報等でこぼれた時に自動的に吸えるのも魅力的。彼我6点のライフ差は大きく、普通に唱えても悪くはないし、こぼれた時の性能は目を見張るものがある。とはいえ除去には使えず、4マナとけして軽くはないコストなのでこの点数。へリックスを思い出すなというにはこの次元は酷過ぎる。

d0384949_18571857.png

7点
大変に死にやすいが《大気の精霊》相当のパワーは魅力。墓地から手札に回帰するコストも重いが、それでもそれなりの決定力になりえるパワーを繰り返し戦場に送れるのは悪くはない。

d0384949_18572342.png

8,5点
本体はチャンプに弱く、7マナというコストを思えば重いが宿根のダメージが割合シャレにならない。状況によっては7マナ本体火力という立ち位置でも悪くはないほどには。

d0384949_18572826.png

8点
墓地の状態に依存はするが軽く、対象生物を追放する追加効果も頼もしい。《見栄え損ない》を例とするならアンコモンなことを考慮すると3枚あたりが実用レベル。つまりあっという間に実用レベルと言える。1~4ターン目までは弱い除去か手札ウォーマーだが、貴重な除去をそう簡単に打たないと考えるとまぁそんなもんだろう。

d0384949_18573379.png

7,5点
アンコモンだがこのレベルのフライヤーにデメリットがなく、かつ起動型能力でハンデスまで内蔵とは恐れ入る。

d0384949_18573838.png

8点
生物がないプレイヤーにはハンデスを要求する肉袋。悪くないな。こいつ自身がどれだけ生き残るかはおいといてマナレシオも悪いほうではない。

d0384949_18574215.png

9点
癖のない汎用除去。除去の後にボムを探せるってのもいいしな。伝説相手のうれしいおまけも悪くない。

d0384949_18574875.png

8点
1体生贄で4/4とそのターンの威迫。十分実用範囲の性能でサイズは下がらないのでそこまで威迫に拘らなくても機能するカウンター設置型強化なのもいいな。

d0384949_1857525.png

7,5点
単騎も序盤の壁として悪くはないし、諜報で1点ドレインもいい。回数制限があるのでばしばし削れはしないが維持し続けることに意味のある能力にタフ3点はかみ合っている。


・レア
d0384949_1858670.png

8点
墓地対策と絆魂による相打ちオッケーな立ち回り。そのゲインを使って諜報をトリガーに手札に戻ればまた墓地対策と相打ち。いいんじゃないかな。

d0384949_18581013.png

9,5点
除去耐性もない生物に大げさかもしれないけどなんのデメリットもない5マナで実現していい性能でないのは確か。

d0384949_18581597.png

8点
所詮は1、2、3マナ生物。されど3体。墓地の状態と相談だが数取れるリアニは強い。

d0384949_18582174.png

7,5点
ボム経路一直線だがそれしか機能がないのに墓地依存がきつすぎる。レアなんだからこれ自体がボムならいいのになぁ。

d0384949_18582523.png

8点
トークンでない、ではあるが手札補充の継戦能力の高さが魅力。ダメージは痛くないわけではないが、悪くないだろう。

d0384949_18583158.png

8,5点
基本的にトークンを薙ぎ払える効果が魅力。先行してデカ物を置ければ能動的に打てなくもないしな。というのは流石に机上の空論過ぎるが。でもまぁ悪くない。


黒はこんなところ。生物も悪くないし、除去もそこそこ。ボム、と言えるレア生物がちと少な目だが渋めのいいカードが多いかな。
by moeruotoko122 | 2018-09-21 17:48 | MTG点数表 | Comments(0)

<< ラブニカのギルド点数表その4      ラブニカのギルド点数表その2 >>
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
灯争大戦点数表その7
at 2019-04-24 20:18
灯争大戦点数表その6
at 2019-04-24 20:15
灯争大戦点数表その5
at 2019-04-23 21:30
灯争大戦点数表その4
at 2019-04-23 21:29
灯争大戦点数表その3
at 2019-04-23 21:27
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧