燃える男の道2


ラブニカのギルド点数表その4

今回は赤。ボロスとイゼットの色で速いクロックと火力によるサポート、パワーよりのコンバットトリックなどが特徴かな。
軽い生物をスペルで後押しする展開が出来れば相手はなす術もありませんが一旦抑え込まれると途端に息切れするのもご愛敬。
足を止めさせる要因を積極的にどける手段があればというところですが今回はどうでしょうか。
では見ていきましょう。



・コモン
d0384949_1902664.png

7点
教導を活かすと奇襲性が、奇襲性を活かすと教導が死ぬが5マナパワー4速攻の奇襲性をこそ評価したい。出し抜けにパワー3をパワー4にするってのも悪くはないしな。

d0384949_1903230.png

7,5点
重いがインスタントなら悪くはない。

d0384949_1904049.png

9点
フィニッシュスペル。コモンでこんなに攻撃通せる呪文ってすごいぜ。
トークン壊滅の相手限定1点ダメージという点でも悪くないのにブロック制限がえげつない。

d0384949_1904530.png

7,5点
ソーサリーだが2回打てる2点火力は悪くはない。悪くはないがよくもないわなぁ。

d0384949_1904948.png

6,5点
悪くないバニラ。それ以外の評価は下しにくい。

d0384949_1905352.png

7点
果敢のようにタフは増えず、《窯の悪鬼》のように修正がでかくはないが自前でトランプルを持っているのでダメージの通しやすさはいい。タフ太目なデザインもいいな。

d0384949_1905959.png

6,5点
壁に、もとい防衛持ちに防がれなくする2マナパワー2。
それを忘れても悪くはないサイズ。及第点。

d0384949_191331.png

7,5点
生物のサイズに依存するが4マナで2回本体を狙える火力を放り込めるってのは魅力的。

d0384949_191850.png

7,5点
2マナで継続的に打点を稼げる攻めっ気のあるオーラにしてとにかくアタックを通したい時に機能する防御制限オーラ。赤と噛み合っていてよし。

d0384949_1911216.png

8点
修正は些細ながら速攻を1マナで付与できる、かつ2回使えるというのはうれしい限り。

d0384949_1911897.png

7,5点
タフ1生物へのブロック阻害効果もいいし、タフ3と相打てる防御性能もいい。

d0384949_19123100.png

7点
攻めっ気のあるCIPがいい《丘巨人》。いいじゃん。

d0384949_1912821.png

8,5点
火力避けにはならないが修正値の大きさと先制付与で無類の強さを誇るトリック。

d0384949_1913536.png

7,5点
殴れなくなっても仕事のあるレイゴブ。きな臭いピンピン。

d0384949_1914150.png

7点
このデメリットって結構きつい。
きついけど相方さえいれば教導持ちパワー3と優秀なサイズでかなりの脅威になる。でも裏目怖いよね。

・アンコモン
d0384949_1915563.png

8点
派手な《ショッカー》。
自分でねじ込めるサイズとトランプルで気に入らないハンドを一気に入れ替えられるってのは悪くない。

d0384949_192136.png

7,5点
わりに硬い壁であり、インソーキャスト1点も悪くない。再活でダメージを稼げる、下を止めて上を攻められると守りつつ攻める構造がしっかりしている目的意識の定まりもいいな。

d0384949_192588.png

7点
こいつ自身はパワー0にしか教導できないが、自身でパンプすることで教導を狙える。のみならず相手が遅れるなら単騎でも殴れるパンプ性能が悪くない。起動に制限もなく、回避能力なんかと絡めると怪しい。

d0384949_1921056.png

8点
除去になる熊はうれしい。メインから入るファクト対策という意味でも2点火力という点でも悪くない性能。

d0384949_1921560.png

8点
サイズは控えめだが攻撃参加で1点ピングはえらい。

d0384949_1922051.png

8,5点
重いには重いが確実性が高く、除去にもフィニッシュにも使えるという点がうれしい。

d0384949_1922520.png

8点
2マナ4点生物火力は優秀、追放もないよりはいい。宿根もあるしな。

d0384949_1922977.png

8,5点
乱発はできないが、ブロック制限を撒けるのはえらい。本体のマナレシオもいい。

d0384949_1923411.png

9点
自ターン限定ではあるが、強力な全体強化。特にトランプルは同じサイズのトークンを置きあった時に露骨にダメージレースに差が出る恐ろしさ。

・レア
d0384949_1925386.png

8点
悪くないサイズと飛行速攻で攻めっ気たっぷりでいい。
下の能力は相当特化しないとリミテでは厳しいか。でも戻る可能性があるということ自体が内在的なアド。

d0384949_1925829.png

8点
タフは太いし自前でトランプルを持っているので通す手間も少ない。問題は連続してどれだけ呪文が唱えられるかという話になってくるが、殴れないなら殴れないで糞硬い壁という消極的だが役割はある。全体的に悪くないレベル。

d0384949_193324.png

6,5点
手札からプレイできてこそのトッププレイカード。自壊できる効果はあるが基本的にはアドとなりにくい構造でどうにもこうにも。その分軽いので手札を使い切った後の手段としては悪くはない、のか。まぁでも使うタイミングが限られる段階で優良ボムではない。

d0384949_19384.png

8点
構築向きかなとは思うラブル亜種。置いたターンに1点、4ターン目に5点の打点が出るってのは破格な速度ではある。

d0384949_1931351.png

7点
基礎サイズはしょぼいが赤い呪文で育ち、カウンターを消費してマナブーストが狙えるってのはいい。教導や呪文でカウンターを増すことで加速を早めることもできるしな。自前の能力での成長は4/4までなのが若干気になる。なりふり構わずボムへ加速できる時はさっさとカウンターを吐き、そうでないならいきなり膨らむかも、とビビらせながら殴るもよし。

d0384949_1931856.png

8点
相手に選択肢のあるいわゆる懲罰カードは弱い。その中でもおそらくもっとも使われた《怒鳴りつけ》の亜種。インスタントなのでエンドに唱えられ、再活で追加の選択を迫れるのも強力。
ダメージは4点に減ってはいるものの、4点は馬鹿にならない威力。いいじゃないか。まぁ相手はライフ一桁くらいまでは引かせてくれないだろうけど、残りは他のなにかで埋めよう。


赤はこんなところ。ぶっとんだボムはないものの平均点は高い、かな。
by moeruotoko122 | 2018-09-21 17:53 | MTG点数表 | Comments(0)

<< ラブニカのギルド点数表その5      ラブニカのギルド点数表その3 >>
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧