燃える男の道2


ラブニカのギルド点数表その5

今回は緑。
ゴルガリとセレズニアの色であり、生物とコンバットトリック、そしてマナ加速や色マナ調達、そして格闘の色。
特にマナブーストはシールドでのボムの早だし、カードパワー確保のための多色化と相性が良く、低レアリティにそれらにアクセスする手段を持つ緑は常に一定の価値を保っています。
セレズニアとゴルガリの組み合わせは古くはジャンク、今はアブザンと、非常にパワフルな組み合わせですし三色を安定供給できること自体が脅威かもしれませんね。
では見ていきましょう。



・コモン
d0384949_20134389.png

8,5点
対空除去として優秀な上エンチャントにも触れるのはありがたい。

d0384949_20134993.png

7,5点
起動が重いが旬の長い熊。

d0384949_20135310.png

7点
手札を減らさず展開でき、チャンプや召集の種になるのはいい。

d0384949_20135823.png

7,5点
平均的な蜘蛛。パワー1でもそれなりの牽制にはなるし、タフ4も及第点。

d0384949_2014310.png

7点
熊にもなるし、教導持ちのパワーを増す、カウンター参照生物に置く、回避もちを強化するなど多様な活躍が期待できる。貧弱な本体も召集の種に。

d0384949_2014992.png

8点
効果は不安定ながら4/4置きながらゲインは悪くない。コモンだしな。

d0384949_20141489.png

8点
土地フルタップからでも飛んでくる可能性のあるコンバットトリックは危険。ブロックしつつ召集の種にしてアタッカーを粉砕する動きも強いね。

d0384949_2014237.png

6,5点
なんぼ召集があっても重いよこの濃霧。

d0384949_20142979.png

7点
序盤の壁になるし後半はドローにも。防衛持ちならなんでもサクれるので自身以外で墓地を増しつつドローを進められるってのもいい。

d0384949_20144283.png

8点
軽い除去。生物依存だが緑は生物の色だしな。

d0384949_20144868.png

9点
コモンで早だしの利くトランプルデカ物は危険。コモンだし素の7マナが割と適正に近いしな。

d0384949_201454100.png

7点
マナは増えないが手札の減らない色調整はいいじゃないか。

d0384949_20145971.png

7,5点
墓地依存だが打点強化しつつ6/4着地は悪くない。2体以上にブロックされない能力のおかげで帳尻合わせの複数ブロックにも対応しているってのもいいな。

d0384949_2015465.png

7点
警戒は活きにくいサイズではあるがサイズは及第点。悪くはない。
特に警戒は殴りながら召集って動きもあるので押しに強い。

d0384949_2015974.png

7点
なんだろう、これ色が赤いだけで破格の性能に感じるんだけど緑だと微妙に感じるよな。
悪くはないでもちろん。

・アンコモン
d0384949_20152681.png

8点
6マナは重いが除去内蔵生物。

d0384949_20153050.png

9点
呪禁持ち7/5が召集でお安く手に入る。そらやばいやろ。

d0384949_20153457.png

9点
4ターン目パスは危険ではあるが、リミテのボムへと2歩リードする加速力、そして色マナ確保も万全と非常に危険極まりない性能。門探せるの一文がやばすぎる。

d0384949_20153916.png

7,5点
《護民官の道探し》をアンコにすると門も探せるようになる。流石のアンコモン。でもコモンの道探しのが基本的にはうれしいよな。会う機会多いし。

d0384949_20154455.png

8点
中盤も速攻で奇襲、終盤は最終兵器に。速攻の一文字がでかいだけのボディを輝かせる。
緑に速攻持ちがいても怒らない穏やかな心が欲しい。

d0384949_20154828.png

7,5点
基本は優秀な壁。終盤は起動が重いが無敵ブロッカーになる上、空も止められる融通性が素敵。

d0384949_20155372.png

8点
2マナ3/2到達がすでに一線級。後半はでかいフライヤーを落とせる除去にもなりえると恐ろしい性能。まぁ格闘による相打ちなんだが。素で4マナフライヤーを落とせるし墓地に1体、2体で5マナ域以上も射程圏と恐ろしい対空兵器。

d0384949_20155897.png

7点
効果が不安定だが軽く、生物3体もいれば十分。トークン展開からの一斉攻撃時通ったやつを膨らしてのフィニッシュなんかもなくはない。不安定だが爆発力との天秤。

d0384949_2016298.png

7,5点
メインから入る《帰化》系呪文。かつ3マナ2/2警戒。これだけで実践投入可なのに召集まで。いいね。


・レア
d0384949_20161819.png

8点
本体は若干小さいが、生物呪文キャストでドローと常時《垣間見る自然》とは恐れ入る。

d0384949_20162257.png

8,5点
重いがコンバットを一気に危険な領域に押し上げる。
他の1体でなく1体と1体と、となっているので修正を集めることができるので一点突破も可能、横に修正を広げて面での制圧も可能となっている。どことなく《力の種》を思い出すな。

d0384949_20162726.png

9,5点
本体が強く宿根能力もえげつない。最近蜘蛛頑張ってるな。

d0384949_20163226.png

8,5点
でかい呪禁。能力を失わせることはできるが2マナかかるのでその上除去を唱えようとすると結構時間がかかる。こいつの軽さを思うとその少しの時間が非常に危険な隙になる。
下の文章も、取りあえずハンデスを牽制するし悪くない。

d0384949_20163746.png

8点
トークンでも誘発するのであっという間に膨らみそう。膨らんだらトランプル獲得も噛み合っていていい。

d0384949_20164165.png

9点
アドアドしい回収カード。多色3枚は流石に破格。

生物の質、格闘、ドロー、回収と多岐に渡る高性能カードが目白押し。メインから入る帰化的置物対策が2種あるっていうのも心強い。
by moeruotoko122 | 2018-09-21 17:56 | MTG点数表 | Comments(0)

<< ラブニカのギルド点数表その6      ラブニカのギルド点数表その4 >>
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧